世界一高い珈琲っておいくらなの?

一生に一度は飲んでみたい。富裕層が選ぶ幻のコーヒー。世界一高いコーヒー。【カぺ・アラミド珈琲】

【カぺ・アラミド珈琲】って聞いた事がありますか?
残念ながら富裕層ではなかったので、聞いた事はなかったです。

値段が高いのと世界一のコーヒーの紹介で気になりHPを閲覧しました。

私もコーヒーはよく飲む方なので(ブラックで飲むことも多いです)世界一と言われるとさすがに気になります。どんな内容で世界一となっているのか、ただ値段が高いだけでは世界一にはならないし、希少価値があるといった場合でも、どんな部分が希少なのか気になりましたので調べてみました。

結果、以下のような記載がされてました。

アラミドコーヒー(カペ・アラミド)とは夜行性のジャコウネコ(シベット)がした糞の中から消化されなかったコーヒー豆を採取し焙煎加工したものです。アラミドコーヒーは、インドネシア産のコピルアクより、希少価値があると言われています。

その秘密はコーヒー豆の採取方法にあります。
コピルアクのは、ジャコウネコを檻に入れて飼育し、生産されています。

アラミドコーヒーは野生のジャコウネコの糞になります。
フィリピンではジャコウネコを飼育してはならないという法律があります。

野生のコーヒーの木が生えている山に入り、1日未満の糞を手作業で採取しています。
手作業のため1日1キロしか収集することができません。
そのため、大変希少価値があり天然のために香りも良く、世界一高いコーヒーと言われています。
このコーヒーはJAL日本航空のファーストクラスで出ししていたものと同じ商品になります。

と説明が書かれておりました。

アラミドコーヒーの3つの特徴は、【世界一希少・世界一の香り・フェアトレード】らしいです。

ギフトにも最適ですし、自宅でも世界一幸せなコーヒータイムが味わえます。




この記事へのコメント